読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松HAPPY化計画ブログ

鈴木めぐみが見つけてきたあんなコト・こんなコト

今年の夏は、浜松注染そめのてぬぐいで

浜松のよいトコ

今年の夏は、昨年同様に猛烈に暑いようだ。

さらに、節電でエアコンガンガンとはいかないので、暑さ対策はとっても重要。

涼しい「遠州綿紬」の良さは、おかげ様で多くのメディアに取り上げていただいている。

でも、浜松で涼を求めるので、忘れてはならないのが「注染そめ」だ。
これは、染めの手法で、浴衣地に多く使われている。
でも、浴衣がいくら涼しいといっても、仕事に着ていくわけにはいかない。


そこで、お勧めは「浜松注染そめの手ぬぐい」。

注染(ちゅうせん)そめは、日本独自の染色技術。
大正12年の関東大震災の後、首都圏から新天地を求めた職人たちが、
浜松地域が水が豊富に流れ、強い風が吹き、染め物の生産に適していたことから、入ってきたようだ。


美しい模様が裏表がなく染められている。
にじみやぼかしを生かした、多彩な染色が特徴。

通気性がいいので、すぐに乾くことができる。

ハンカチより大きく、吸収力もある。



さらに、いいことは、災害時にとっても役立つのだ。


ハチマキ、簱、クロス、マスク、紐代わり、中に石を詰めてハンガー代わりなどなど。


私は、いつもカバンの中で入れているのはもちろん、着物の半襟にもし、重宝している。
ペットボトルに手ぬぐいを巻いておくと、水滴を吸ってくれる。
ラッピングにも仕える。

手ぬぐいは、端を縫っていないから、ほつれてイヤという方がいらしゃるが、
端を縫ってないこそ乾きが早く、雑菌がたまることもないため、清潔に長く使えるのだ。

昔は、鼻緒が切れたときに、手ぬぐいを裂き、それで応急措置をしていたようだ。

現代でも、手で裂けるからこそ、いざという時に包帯代わりになる。



そうそう、手ぬぐいのたたみ方、ご存知ですか?

まず、2つ折りにする。


それを3つ折りにする。その際、端を中にする。






さらに真ん中に向けて、左右から1/4に折り返す。











最後に2つ折りにして完成。












これで口元を押さたり、汗を押さえると、女子度アップは絶対。


ぜひ、浜松の注染そめのてぬぐいで、暑い夏を乗り切りましょう。