読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松HAPPY化計画ブログ

鈴木めぐみが見つけてきたあんなコト・こんなコト

普通に生きる

映画「普通に生きる」を観た。


重い障がいをもった我が子と地域の中で普通に生きるために、親の会を立ち上げ、行政を突き動かし、理想の通所施設「でら〜と」を立ち上げた、静岡県富士市富士宮市に住む親たちの取り組みと、自立への試みを、5年にわたり記録したドキュメンタリー映画だ。(公式HPより)

映画で出てくる、親の会や「でら〜と」立ち上げに奔走した小沢映子さんは、富士市市議。勉強会などで何度か一緒になっていて、「でら〜と」の活動などは以前から直接聞いていた。でも、映画を観ると、その時はきちんと理解できてなかったなあと思う。

映画を観て、彼女たちの活動は「障がいのある子どもたちはかわいそうだから、なんとかしてくれ」の活動ではなく、障がいのある子どもや家族が「普通に生きる」ためのプロセスそのものが活動だったなあと思った。




障がいのある子どもだけでなく、
障がいのある子どもの親が「普通に生きる」ってどういうことだろうかと、
さらに映画を観ている私たちに「普通に生きる」とは何なのかを投げかけている。





ぜひ、多くの方々に観てもらいたい映画だ。



今回は、NPO法人 浜松肢体不自由児親の会主催で1日だけの上映だったが、

今後、シネマい〜らで上映予定だそうだ。