読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松HAPPY化計画ブログ

鈴木めぐみが見つけてきたあんなコト・こんなコト

福島・南相馬市長が浜松に!

震災

シンポジウム 〜福島から浜岡へ〜「浜岡原発とどう向き合うか」

福島から南相馬桜井市長をお招きするとともに、浜岡原発の「永久停止」宣言を発した牧之原西原市長の参加を得て、浜岡原発の今後について、参加者と一緒に考えるシンポジウムです。

基調講演
  清水修二  福島大学副学長
  桜井勝延  南相馬市
  西原茂樹  牧之原市

場所  浜松アクトシティコングレスセンター31会議室
日時  4月14日午後1時30分開演

資料代 1000円

主催:はままつ「政経・文化」フォーラム
連絡先:053-452-7281

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みんなで決めよう!
浜岡原発再稼動の是非は県民の意思で!〜

 静岡県は原発立地県。福島原発のように事故が起これば、原発は私たちの身体に重大な影響を及ぼし、自然は汚され、産業や雇用に壊滅的な影響が及びます。更にふるさとに帰還できない人々が出てきます。

 しかしその一方では、原発は産業や生活を支えてきた電力供給に、一定の役割を果たしてきた事も事実です。

 このように、我々の生活に重大な影響を与える原発のあり方については、県民が直接そのあり方を決めようではありませんか。一部の「専門家」や電力会社に任せるのではなく、県民全体の意見を「投票」の形で集約し、はっきりとした意思表示が必要です。

 この活動は、地方自治法(条例の制定・改廃に関する直接請求)に定められた活動です。単なる署名活動とは異なり、知事や県議会に対する一定の拘束力があります。

 ぜひ、県民投票の実現に向けて、署名を集めることができる「受任者」になりませんか?

原発県民投票静岡