読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松HAPPY化計画ブログ

鈴木めぐみが見つけてきたあんなコト・こんなコト

暴言、脅し、、、

浜松市内の小学校で、教諭が児童に対して暴言をはいたといって、全国ニュースになっているけど、これは氷山の一角じゃないかな。。

私のところにも、先生から、市職員から、暴言や脅しを受けたというケースが飛び込んでくる。

先生が生徒に、頭ごなしに怒鳴りつけた挙句、首を絞め、捨て台詞のように「お前は相手の気持ちがわかるか?あぁ、お前にわかるわけないか」っと明らかに見下した言葉を吐いたケース。このあと、この子は教室の中に入れなくなりました。
情報公開を請求したところ、担当職員から「情報公開は、警察や税務署などがするもの」「これからは、あなたの団体と距離ができてしまいますね。」と優しく脅された事例。
などなど。


相手に「人権」や「知る権利」があることをないがしろにして、力や権力がある人が弱い立場の人に(市民は本当は強いはずなんだけど)暴言や脅しをするって、卑怯。

議員であっても情報が出てこなくて、情報公開請求をよくしたのですが、口には言わないけれど、「なぜ出さないといけないんだ」という態度の方いらっしゃいました。  

今回のケースはもちろん情報公開室に言いましたが、たまたま私のところにきたから、「おかしい」とわかったけれど、普通は「そんなものなのか。じゃあ、やめよう」ってなりますよね。 

公務員の方が基本を守って欲しいです。