読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松HAPPY化計画ブログ

鈴木めぐみが見つけてきたあんなコト・こんなコト

西区決まりました〜浜松ハッピーネットワーク〜

ハッピーネットキャンペーン


新しい政治団体「浜松ハッピーネットワーク」は、3月3日記者会見しました。

以前より、女性議員空白区である、浜北区、西区、天竜区からの擁立を目指していました。

先日、浜北区から高林まこさんを決定をし、
今回、西区から佐藤ともこさんを決定し、公表しました。

佐藤ともこさんは
● 1960年生まれ 舘山寺育ち
浜松市立高等学校卒業 
● 社団法人にて社員教育の企画開発運営に携わる
● 出産を機に浜松に戻り会社の経理などを担当

の経歴です。

「魅力的な西区に!」がキャッチコピー。
西区の魅力(資源)をもっと有効に活用する組織・仕組みで、その魅力を外に向かって強く発信したいと。


「浜松ハッピーネットワーク」は、
●しがらみのない、「おかしいことはおかしい」と言える
●「市民の力で浜松はもっとよくなる」という意志がある
●ひとつひとつ事業そもそもから、見直しをする
●議会のあり方を見直し、市民にとって「必要な議会」、「見える議会」にする
以上のことができる議員を応援していくことを目的とした団体です。

今のところ、地域政党をめざしておらず、
議会改革&市民目線で取り組む姿勢をもった議員のゆるやかな連携を目指しています。



具体的には、
<議会改革として>
●議会基本条例の制定
現在/都道府県15、政令市4、特別区0、市94、町50、村4、計167条例
(2011年02月17日現在/自治体議会改革フォーラム調べ)
(最高規範性、議決決定事件の追加、政策提言に関する資料要求、付属機関の設置を明記)


●一括質問方式から、聞いている人もわかりやすい「一問一答方式」の導入
●議員間の討議の導入
参考人制度の積極的な活用
●議会への市民参加
 議会や委員会主催の議会報告会の実施

<市政に取り組む姿勢として>
●議会のことを率直に積極的に公開
●市政のことをどのように事業化し,予算化し、実行されたかをありのままに伝える
●市民と一緒に政策実現に向けてアクション!
●事業ひとつ、ひとつをそもそもから見直す

みんなが政治
みんなと政治
みんなで浜松