読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松HAPPY化計画ブログ

鈴木めぐみが見つけてきたあんなコト・こんなコト

びびりの雄トラとひきこもりのきりん

メッセージ

2月の話になりますが、若い人たちと「浜松市動物園」に飼育員さんの仕事を学ぶために職場見学に行ってきた。

その際飼育員さんから聞いた「びびりの雄トラ」と「ひきこもりのきりんちゃん」の話はとっても面白く、会った人ごとに話をしているのに、「あ!ブログに書いてない」ということに今頃気がついちゃった。ようやく、アップ。

動物園って、本当にいろんなことが学べるの。

今回一緒に行った若い人たちも動物世界を通じて、
「動物だって、いろいろあるのさ」「観察することの大切さ」など、感じてくれたらいいなあ。


「びびりの雄トラ」

優しい夫を亡くして、1頭で寂しい思いをしていた雌トラ「ミー」ちゃんのところに、3年の繁殖を目的とした「ブリーディングローン(繁殖貸与)」での借り受けてきた13歳雄の「ビクトル」君。

トラにも1頭1頭、性格があって、先夫のルーは、とても落ち着いた性格だったそうだが、
ビクトル君の性格は、神経質でおくびょう。

一言で言えば「びびり〜」だそうだ。


飼育員さんが性格を見極めながら、トラ舎の内側にある通路部分で会わせたそうだ。
動物の動きは予想できないので、万が一何かのトラブル(けんかを始めてしまうなど)があったときすぐ引き離せるよう、お見合いをさせた。

オリの格子越しでのお見合いでは、ビクトル君はおびえてしまって、逆に「ぐゎお〜〜」。
楽しみに待っていたミーちゃんは、その吠え声に怖くて、後ろずさりしたとか。

何度かトライして、一緒の放飼場に出ることができるように。

それでも、ミーちゃんが放飼場の色々なところをウロウロするのとは異なり、ビクトル君は行動範囲は狭い。

なんか、微笑ましいね。



雄トラだって、ビビリでOKなんだから、私たちもびびってOKだよね。


さて、この2頭の赤ちゃんがいつ無事誕生するのか・・・楽しみだわ。


アムールトラは、絶滅危惧種に指定され、野生では約500頭という危機的状況。
















「ひきこもりのきりんちゃん」











サファリに出始めたときに、シマウマ君にポコっとやられて、サファリに出られなくなっているきりん。

きりんも引きこもるのね。

安心できるようになったら、サファリに出ておいでね。





浜松市動物園には、他にも

やんちゃな。ホッキョクグマのキロルちゃん。


ピチピチの女の子、レッサーパンダのテルちゃん。

アイドルがいっぱい!!


もう少しあったかくなったら、動物園に行こうね。